のぼり旗の使い方で集客が変わる

人気のサイズ

多種多様なのぼり
通販で購入することができるのぼり旗というのは、色々なサイズがあるものですが
種類を見ていると、どれが人気なのだろうと思うこともあるでしょう。

人気なのは、やはり一般的なサイズののぼり旗です。
通販サイトでは、通常のタイプの他、それよりも横幅が少し短い
スリムなタイプを取り扱っていたり、逆に縦の長さが短くなっている
ショートタイプも取り扱っているものです。

こういった一般的なサイズののぼり旗というのは、
とにかく使い勝手が良いのが特徴です。
大きすぎないため、スペースに余裕がない場所など
色々な場所に置くことができます。

また、小さすぎないため、きちんと内容をアピールすることができるので効果的だと言えます。
小さすぎると使い道がみつからなかったり、大きすぎると敷地の広さに余裕がないと
設置することができませんから、使用できる人というのは限られてくるものです。

サイズによる違い

通販でのぼり旗を購入する時には、使用場所とのバランスを考えて、種類を選びたいところです。
とにかく数を多くしてインパクトを与えたいと思われるのであれば
定番サイズののぼり旗で全く問題はありません。
家紋やロゴなどを入れたい場合は、オーダーメイドが良いでしょう。

日本における『家紋』の成り立ちと役割

そもそも家紋は、家や名字を表すための紋章として作られたものだったのですが、
名字は勝手に名乗ることを禁止されていた時代においても、家紋に対しては
使用などの禁止制限がなく使用が緩やかであったのです。

それゆえに、公家や武家ではなかった庶民までもが、一族などの目印としたために、
現在に至っては種類も数もそれこそ無数にあるといっても大袈裟ではありません。

発祥は公家と武家で異なるのが当然だと考えられるのが一般的ですが、
そんな中で公家最古の家紋は平安時代の後期に使用が始まり、
武家は鎌倉時代に入ってからだと伝えられています。

特に武家社会が家紋を持つようになってからは、戦場で敵味方の区別をつけたり
武勲を証明するために目につくありとあらゆる場所に描かれるようになりました。

また、江戸時代に入ると家紋の使用は一般庶民にも急速な広まりが見られ、
しかも庶民の文化や生活が豊かになった元禄時代にはさらに華美で優美な図柄も生み出されたのです。

設置場所や内容によって適切なサイズが違う


また、数は多い方が良いが設置場所に人通りが激しい場合は、一回り小さいサイズもあります。
反対に、1枚だけで十分にインパクトを与えることができるジャンボのぼりもあります。
スペースがあればジャンボのぼりの方が、見る人にとっては印象が強くなり
その分効果的だと言えるでしょう。

どのサイズが適しているのか判断に迷う場合は、業者に相談してみると良いでしょう。

専門家に相談