のぼり旗の使い方で集客が変わる

集客や宣伝にもエコが求められる時代

多種多様なのぼり
持続可能性などの意味を持つサスティナビリティ、人間活動および自然環境が
多様性および生産性が損なわれることなく長期的に継続を可能にする能力などの意味を持ちます。

モノづくりの現場などでは、環境にやさしい材料を利用してCO2の削減や排出物の
軽減化を図るなどの取り組み、リサイクルをよりスムーズに行うための
細かな分別などへの取り組みを行っている企業も多くなっています。のぼり設置の目的

のぼりは、主に店先やお店や施設などへの途中で道路沿いなどに設置する広告、
設置する目的は誘導や集客などが挙げられます。

のぼりに記載してある広告は、継続的なものもあれば一時的なものも存在します。

例えば、お弁当などの文字が記載してあるものが現地販売会などの場合は、使いまわしができますが、
そこに日付などを記載すると有効期限そのものが発生するため期限が過ぎてしまうと使えなくなるわけです。

サスティナビリティを考えた場合には、有効期限などの文字を記載せずに継続的に利用できるよう工夫するなどが大切ではないでしょうか。

役割を終えたらごみとして捨てる、これでは環境への配慮にはなりませんので、継続的に活用できるようのぼりのデザインを考えてはいかがでしょうか。

再生ペットボトル樹脂99%ののぼり旗

パリ協定やアパレル業界などで話題を集めているサステイナブルもしくはサスティナビリティ、
日を追うごとに環境への配慮が求められる時代です。

京都のれん株式会社では、再生ペットボトルを繊維にしたのぼりを開発、通販サイトを通じて販売を行っています。少量ののぼり利用

再生ペットボトルは飲み終えたボトルそのもので、リサイクル樹脂材料ですから
エコに繋がるものといっても過言ではないわけです。

ちなみに、京都のれん株式会社は小ロットでのオーダーも可能になっていますので、
このようなのぼりを1~2個だけ欲しいなど小さなお店のオーナーさんにもおすすめです。

こののぼりには、エコマーク対応を示すマークが付いているのが特徴で、ペットボトルを
リサイクル樹脂99%の割合で原料にしてあるなどの特徴があります。

サイズは、180センチ×60センチと180センチ×45センチの2種類となるようですが、
グリーン購入ガイドライン25%以上で再生ペットボトル樹脂の割合がエコマーク50%以上など、
これらの条件を満たすエコマーク対応ののぼりです。

なお、素材への印刷は、インクジェットとシルクスクリーンの2種類のいずれかを選ぶことができるなどの特徴を持ちます。