のぼり旗の使い方で集客が変わる

HOME

車を運転している人の視線は無意識のうちに道路上や脇の歩道など様々なところを見ています。

これは危機回避のために様々な情報から危険を察知する本能的な行為であると申せましょう。

したがって、そうした視線にのぼり旗があると無意識にその情報を受け取ります。

車の展示販売などにのぼり旗を使うのが効果的なのはそのためであり、運転者には車に興味をもつ方が当然多くいますので、展示販売を報せるのぼり旗のアピールによって、興味をそそられる確率が非常に高くなるのではないでしょうか。

まり、単なる賑やかさを演出しているだけではなく、興味や関心のある購買層を刺激する効果が非常に高いと申しても過言ではないでしょう。

したがって、幹線道路などから見える範囲にのぼり旗を立てることは、販売促進に役立つものであると言えます。

ただし、道路には定められた法規がありますので、それを遵守すること(のぼり旗インクジェット70枚500円)は勿論ですが、歩行者や視覚障害者の方の邪魔にならないことも考慮することが大切です。