のぼり旗の使い方で集客が変わる

置き方

多種多様なのぼり

丈夫

のぼり旗が上がっている売り場は、お店が今最もおすすめしている
商品を販売していることがわかります。

のぼり旗を使ってお客様にアピールすると、何を売っているのかが
すぐにわかり、賑わいのある空間を作り出すことができるので
小さなPOPやチラシ配布よりも宣伝効果はとても高くなります。

売り場は色々ありますが、屋台のような出店から通常の陳列棚まで、
幅広い売り場で使えるのがのぼり旗です。

狭いところでも場所を選ばず使うことができますし、複数あっても
ごちゃごちゃとしたまとまりのない売り場にはなりません。

むしろ売り場に活気が出て、安くていい物が買えるというイメージをお客様に与えます。

活気のある売り場は人がたくさん集まりますし、すぐに購入しなければ
買えなくなるのではないか、という限定感や焦りを生み出します。

しかしもちろん、人が多く集まる場所であるほど、設置の仕方に気をつける必要があります。
通行のジャマになるような場所に置いたり、作業効率が悪くなるようでは設置する意味がありません。

のぼり旗を目立たせるためには悩む部分も多い設置場所ですが、
良いポイントが見つかればそれは大きな宣伝効果になります。
自分がお客さんだったら、どういう視点で物を見るかを考えてから設置場所を決めると良いでしょう。

速い

購買意欲をそそるためには、品物の良さだけではなく、人が買っているから
自分も買いたいという気持ちをくすぐることも大切です。

のぼり旗を使って、限定感やお得感を出すことが、集客と売上アップにつながります。