のぼり旗の使い方で集客が変わる

キャンペーン

多種多様なのぼりのぼり旗を顧客獲得のために使うと集客が目指せます。

入会キャンペーンを行う際に、単にスタッフが立ってチラシを配る
場合もありますが、これでは、何の団体、会社が行っているかも
不明ですので、目立ちません。

黄色い感じ

しかも、通行客や買い物客が見てもそばに近づかない限りは
分からないので、それだけ効果が期待できなくなります。

また、基本的にチラシを配るという行為を嫌う人も多いため、場合によっては
逆効果になってしまいかねません。

しかし、のぼり旗を設置すれば目を惹きやすく、ある程度
離れていても文字で認識できるので、買い物客などが
意識をするようになる効果が得られます。

チラシ配りとは違って押しつけがましくならないので、
通行人にとって楽に確認できるというのもメリットです。

何の会社や団体が行っているかも分かることで、
話を聞いてみたいという気持ちに導くことが出来ます。

広め

入会キャンペーンを行うのであれば、のぼり旗を導入すると
より効果が期待出来ます。

自社カラーやロゴなどでより分かりやすくアピールすれば、興味を持ってもらえる
きっかけになるので上手に活用することで、より集客効果が
得られるようになります。

その自社カラーやロゴが印象強いものであるほど、無意識に覚えてもらうこともできます。
デザインに迷う場合は、既製品のぼりを利用するのも良い方法でしょう。

リーズナブルな予算でのぼり旗を製作してもらえるので、
それ以上の効果が期待できるでしょう。